先生解決ネットとは?

趣旨

 日本教育新聞社は2008年4月14日(月)、「先生方をもっと応援していこう!」を合言葉に、新たなホームページ「先生解決ネット」を開設することとなりました。

 今回公開します教育専門のQ&Aコミュニケーションサイトは、ご購読者会員の皆様が抱える、ちょっとした疑問や悩み事を「質問」として投稿することができ、他の会員の皆様方から「回答」を受け付けることができるサイトです。(「日本教育新聞」のご購読者(Web会員含む)専用の会員制サイトです。)

 例えば、
   △学習指導要領の改訂、学校評価、教員免許更新制度など、
     ほかの先生方は、どのように対処しているのか聞いてみたい!
   △「生徒指導」について少し悩んでいるので、
     全国にいる「同僚」の先生から意見を聞いてみたい!

―などについて、他の会員の方々から意見を募ることができ、いろいろな方々とコミュニケーションを取りながら、役立つ情報を得ることができるようになります。

 また、解決された疑問や悩みごとは、サイト上でいつでも閲覧することができますので、同じ疑問や悩みごとを持った先生方にとっても、とても役立つ情報となります。先生方同士が協力しあい、さまざまな問題を速やかに解決に導くために知恵を出し合うことで、“明日の教育”に光を差し込み続けて頂きたいと考えています。

 そして、弊社「日本教育新聞社」においても、引き続き、教育に関する情報を正確にお届けすると共に、本コミュニケーションサイトの提供を通して、「教育に真剣に取り組まれている先生方」を全力でサポートさせていただく所存でおりますので、奮ってご活用頂ければ幸いです。

先生解決ネット

先生解決ネットとは(1)?

 先生方が日頃抱いている疑問や課題を、全国の「同僚」と共有し、知恵を出し合いながら答えが導けるように、応援するためのWebサイトです。

先生解決ネットとは(1)?

どのようなことができるの?

◆ちょっとした疑問を「質問」として投稿し、全国にいる「同僚」に「回答」を求めるという形 『Q&A方式』 で、コミュニケーションをとることができます。

◆Q&A方式を用いて、全国にいる「同僚」と直接、意見交換(匿名)ができるので、さらに多様な視点から物事を捉えることができ、教育者として資質向上する場にもなります。

◆定期的な意見交換を通じて、先生方の『教育力』をより高め続けていただきながら、明日のご指導方法などに応用していただける、”知恵修得の場”としてご活用ください。

先生解決ネットとは(2)?

 また、新聞を通じて得た情報を、必要なときに引き出し、より日常的にご活用できるように、支援するためのWebサイトです。

先生解決ネットとは(2)?

どのようなことができるの?

◆新聞を手できない時でも、インターネット環境があれば本紙の情報を簡単に引き出すことができます。

◆紙面掲載記事の実際の教材例、サンプルなどが掲載されているので、授業にご活用いただける素材も入手することが可能です。

◆会員別の専用「Myページ」にて、投稿や記事に付箋(ブックマーク)することができるので、必要な教育情報を簡単に整理しておくことができ一度登録しておけば、探すことなく移動可能となります。

◆今までは文字の大きさが固定でしたが、読みやすいように文字のサイズを変更することが可能となります。

◆カテゴリにチェックをつけてイベント通知の設定を行うと、新着記事があった場合に自動的にメールでお知らせします!