SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
トップニュース企画特集 > トマト苗を全国の学校・園に無償提供

ニュース

トマト苗を全国の学校・園に無償提供  

2013年 4月 1日  <7面>

カゴメ「りりこわくわくプログラム」

 カゴメ株式会社(西秀訓社長)の食育支援活動「りりこわくわくプログラム」では、全国の小学校、幼稚園、保育園などを対象に、カゴメトマトジュース用のトマト「凛々子(りりこ)」の苗を無償で提供し、子どもたちへの教育活動に役立ててもらおうとする取り組みを1999年から行なっている。
 学校・園に提供するトマト苗は、1校につき48本か96本。平成24年度は、全国の4316校・園が参加した。平成25年度の提供分は、先月から希望する学校・園の申し込み受け付けを行なっている。同社では、およそ4500校・園への提供を見込んでおり、申し込み多数の場合は、先着順で提供先を決定。学校・園に苗が届くのは4月下旬から5月下旬を予定している。
 また、同社では、学校・園での食育などの教育活動にトマト苗を有効活用してもらおうと、教員研修「凛々子フォーラム」の開催や、提供したトマト苗を活用した食育実践を募集し、優秀な食育実践に取り組んだ学校・園を表彰する「凛々子賞」も行なっている。
 「凛々子賞」は、他校・園で取り組みの参考となり、活用できる内容であることや、子どもたちの「栽培学習」「食への興味・関心」といった学習効果を高める内容であることを評価基準とし、同社内で選考を行なっている。
 平成24年度は、応募総数178件の中から宮城県石巻市立石巻小学校など、5校・園が「凛々子賞」に選ばれた。
 カゴメ「りりこわくわくプログラム」HP=http://www.kagome.co.jp/company/shokuiku/


記事を印刷する 記事をメールで送信