SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
トップニュース企画特集施設特集 > 全国各地の教育施設で採用実績を伸ばす「膜天井」

ニュース

全国各地の教育施設で採用実績を伸ばす「膜天井」  

2016年 7月 18日  <13面>

安全で快適な美しい天井

 膜天井は、従来の重くて硬い天井に代わり、軽量で柔らかい、丈夫な膜材を使用した安全な工法として知られている。学校などの公共施設をはじめ、交通施設や商業施設など多くの人々が集う空間において、安全と快適、さらに室内環境の改善に大きく貢献している。その性能は高く評価され、2012〜15年度までに117件の教育関連施設の新築・改築工事で膜天井が採用されている。
 主な特長は次の通り。

安全性
 膜材料の重量は1平方メートル辺り約600gとたいへん軽量で、まさかの落下時にも室内へ与えるダメージを最小限にとどめることができる。また、その柔軟性により、地震時の大きな揺れにも変形追従が可能な構造となり、天井落下の危険性を低減する。さらに、わずか1mmの厚みで落下物を受け止める強度が、同社の試験で実証されている。

快適性
 膜材料は高い光反射率と透光率が特長で、上質な優しい光の室内となる。さらに、膜材料の吸音特性を利用して、残響時間のコントロールが可能。加えて、膜材がつくる多彩なフォルムが空間に豊かな表情を与える。

環境への優しさ
 膜材料は軽量なため、躯体への荷重負荷を減らすだけでなく、小さくコンパクトに畳んで運搬できるなど、製造〜建設段階のCO2排出量の削減にも貢献する。さらに、同社が使用する膜材は、使用後に回収してすべてリサイクルすることができるエコマーク製品である。

問い合わせ
 太陽工業(株) Tel03・3714・3461
 http://www.taiyokogyo.co.jp/maku_tenjyo/


記事を印刷する 記事をメールで送信