SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
トップニュースTopics書評 > 新学習指導要領における資質・能力と思考力・判断力・表現力

ニュース

新学習指導要領における資質・能力と思考力・判断力・表現力  

2017年 11月 13日  <18面>

新教育評価研究会 編
角屋 重樹 編集代表
「すべ」生かし人間性豊かに

新学習指導要領における資質・能力と思考力・判断力・表現力 新学習指導要領の告示に伴って、資質・能力に関する議論が盛んになっているが、今まで、資質・能力の議論といえば、思考力・判断力・表現力の技法を中心にしたもので、「何のために」「何を」また「思考力・判断力・表現力の基底となるものは何か」という視点からの議論には至っていなかった。
 そこで本書は「一人一人の子供が確実に思考力・判断力・表現力を獲得していくことが人間性を豊かにしていくととらえ、思考力・判断力・表現力に内在する『すべ』を明らかにする」(角屋重樹氏)ことから始め、(1)新学習指導要領が目指すものと思考力・判断力・表現力(2)各教科においてどのように思考力・判断力・表現力を育むのか(3)思考力・判断力・表現力を生かした「開く授業」による授業改善(4)主体的・対話的で深い学びの学習において、どのようにして人間性を育成していくのか―というアカデミックな章の構成の下ではあるが、各教科の優れた実践研究者が各教科を担当し、誰にでも分かるように平易な記述に気を配って執筆している。
 本書は、各教科において「すべ」を中心にして各教科等の思考力・判断力・表現力を育成する授業をどのように構成するかを明確にし、教職経験の少ない教員や養成段階の学生にも、構想し展開できる授業構成原理とその手順を具体的に解説しているので、教員を目指す学生や若い先生の良き手引になる。
(1944円 文溪堂)
(郎)


記事を印刷する 記事をメールで送信