SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
トップニュースTopicsPick-up > 石巻・大川小巡る裁判、2審も遺族「勝訴」

ニュース

石巻・大川小巡る裁判、2審も遺族「勝訴」  

2018年 4月 26日  

 東日本大震災の際、宮城県石巻市立大川小学校の児童が津波により命を落とし、遺族が石巻市などを相手に起こした損害賠償請求訴訟で仙台高等裁判所は26日、遺族側勝訴の判決を下した。判決後、原告は「勝訴」「組織的過失を認める」などと記した垂れ幕を掲げて取材に応じ、「校長、教頭、教務主任というトップスリーの責任を認めた。現場にいなかった校長を含めた責任が認められた。大きな意義を持つ」などと話した。
 この裁判で遺族の一部は、学校側が適切に児童を避難させる義務を怠っていたなどとして提訴。平成28年10月には、仙台地方裁判所が原告の主張を一定程度、認める判決を下していた。その後、判決を不服として石巻市などが控訴していた。


記事を印刷する 記事をメールで送信