SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
トップニュースTopics > 猛暑対応で夏休み延長の検討を

ニュース

猛暑対応で夏休み延長の検討を  

2018年 8月 7日  

 文科省は7日、今夏の猛暑に伴い、全国の教育委員会に対し、夏休みの延長などを検討するよう要請した。夏休みを延長した場合、冬休みや春休みの短縮、土曜日に授業を行うなどにより授業日数を確保するよう求めている。
 公立学校の場合、夏季・冬季・春季の長期休業の期間は教育委員会が決められる。ただ、学習指導要領が定めている授業時間数は確保しなければならない。
 夏休みを延長する際には、学童保育の実施と関係することから、福祉担当部局と連携することも求めた。今回の要請では、気象庁の分析に基づき、「全国の学校で授業が再開される9月以降の見通しも予断が許されない状況」としている。


記事を印刷する 記事をメールで送信