SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
トップニュースTopics > 千葉県教委の働き方プラン、1週間以上の連続休暇掲げる

ニュース

千葉県教委の働き方プラン、1週間以上の連続休暇掲げる  

2018年 9月 14日  

 千葉県教委は12日、「学校における働き方改革推進プラン」を公表した。1週間以上の連続休暇を「ゆとりウィーク」と名付け、1年に一度は取得できるよう校長が奨励するとした。
 一方、各教職員の1日当たりの在校時間が60時間を越えないようにすることを掲げたが1日当たりでは12時間以内となることを明記。労働基準法が定める労働時間をはるかに越えた勤務が求められる実情を容認するような記述となっている。
 同プランは教委、学校それぞれの取り組みを掲げた。「ゆとりウィーク」は土日や祝日を含めて1週間以上の休暇とし、各学校で導入するよう求めている。
 教委の取り組みとしては、学校への調査を精選することや、教職員の業務を軽減するための人員配置などを盛り込んだ。


記事を印刷する 記事をメールで送信