日本教育新聞社
http://www.kyoiku-press.com
情報通信の安全標語で表彰式
カテゴリ : 関連団体・組織
 「情報通信における安心安全推進協議会」が募集していた標語コンクールの平成30年度の表彰式が6月11日にメルパルク東京で行われた。今回は個人部門と学校部門の合計で25,012点の応募があった。総務大臣賞の個人部門は京都聖母学院小学校に通う仁井奏多さん(京都府)の「あるきスマホ 小さなぼくが 見えますか?」が受賞した。
 学校部門は平戸市立野子中学校(長崎県)の「ネット上 守ろうルール・自分・友」が選ばれた。同校では生徒会活動がきっかけで作品を応募し、標語を作成した後にはネットのモラルについて家族で話し合う機会なども持ったという。