日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

広範囲を素早く換気 年中使える大風量エアーサーキュレーター

15面記事

企画特集

エアーサーキュレーターYAR―W30

山善

 新型コロナウイルス感染症の猛威は依然として衰える様子がなく、7月上旬には通算四度目の緊急事態宣言が発令された。学校現場でも、教職員らがコロナ対応に追われている。手指の殺菌・消毒、マスクの着用、昇降口での体温計測などと並ぶ重要な感染症対策が換気だ。
 これからの季節、新型コロナウイルス以外にも注意すべき感染症が増えてくる。教職員や子どもが日々を過ごす室内においては、常に十分な換気が必要といえる。換気用器具としては換気扇のほか、扇風機やサーキュレーターなどさまざまな製品が挙げられるが、なかでもサーキュレーターは送風距離が長く、学校現場でも強力な換気効果が期待できる。
 (株)山善が製造している「エアーサーキュレーターYAR―W30」は、教室内の空気循環に役立つサーキュレーターだ。換気への使用はもちろん、エアコンと併用することで快適な学習環境づくりが可能。上下左右同時の首振り運転にも対応しており、左右は60度の首振り、上下は90度の範囲で首振り運転ができるほか、羽根径30cmの大風量で45畳までの空間の換気に最適。教室の隅々まで風を届けることができる。また、微風から素早い換気に適した強風まで、使用シーンに合わせた三段階の風量調節が可能となっている。手軽で確実な換気用器具として、学校現場でのニーズにパワフルに応えてくれる製品だ。

 問い合わせ=(株)山善 Tel03・5579・6678 FAX03・5579・6796
 https://book.yamazen.co.jp/product/fan/entry-9858.html

企画特集

連載