日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

ユネスコ・アクサの防災教育実践校、教員が実践語り合い

NEWS

財団

 (公社)日本ユネスコ協会がアクサ生命の協力を得て「減災」に向けた教育の普及を目指す助成事業の報告会が22日、東京・港区のアクサ生命で開かれた。
 本年度は、北は北海道、南は沖縄県まで20校の小・中学校、高校、特別支援学校などが研究費の交付を受けて研究と実践を進めてきた。各校から担当の教員らが集まり、4人程度の班に分かれてそれぞれの研究・実践について話し合った。
 各校の担当教員はこれに先立ち、東日本大震災で大きな被害にあうと共に防災教育に力を入れている宮城県気仙沼市を訪ねるなどして、防災教育について学んでいる。来年度も新しい助成先を募集する予定。

財団

連載

校長塾 経営力を高める最重要ポイント

 本校の学校教育目標は「ともに学び、ともに伸びる~しっかり考える、やりきる、思いやる~」である。具体的には、次の三つを目指している。  一つ目は、児童が学び合い、励まし合って、共に成長すること。二つ目は、児童と教職員が信頼関係の中でそれぞれの力を発揮し、その力を伸ばしていくこと。三つ目は、児童、教職員、保護者・地域が協働し「チーム廿小」として共に学校を創っていくことである。大事にしているキーワードは「つながり」。