日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

オリンピック・パラリンピックをかけがえのない財産に~東京2020教育プログラム「ようい、ドン!」~【第4回】

NEWS

Topics

 秋も深まってまいりました。10月の体育の日に合わせて運動会や体育祭を開催された学校も多くあるかと思います。今回は、運動会・体育祭をきっかけに東京2020大会への興味関心を高めていただくための「東京2020みんなのスポーツフェスティバル」をご紹介します。

「東京2020みんなのスポーツフェスティバル」とは
 運動会や体育祭は、子供たちにとって最も身近なスポーツ大会です。東京2020組織委員会は、運動会や体育祭が、よりスポーツを楽しむきっかけとなるように、また東京2020大会を身近に感じていただく場となるように「東京2020みんなのスポーツフェスティバル」を春と秋の2度にわたり実施しています。
 模擬聖火リレーの実施、東京五輪音頭の披露、オリンピック競技・パラリンピック競技の要素を含んだプログラムの実施など、学校の運動会・体育祭におけるオリンピック・パラリンピックに関連した取組をご応募いただくと、審査により選ばれた優秀賞10校に特製リレーバトンを贈呈します。また、ご応募いただいた取組事例をウェブサイトで紹介することで、同様の事例が全国に広がり、東京2020大会以降もレガシーとして受け継がれることを目標としています。

春の運動会等の応募及び表彰状況
 2019年度春の運動会等の取組を募集し、表彰する「東京2020みんなのスポーツフェスティバル(春)」の実施結果と表彰校をご紹介します。表彰校での取組内容は、公式ウェブサイトに掲載しておりますので、是非ご一読いただき、今後の運動会等の企画の参考としてください。

 ・募集期間=2019年5月7日(火)から7月31日(水)まで
 ・募集対象=幼稚園から高等学校まで
 ・応募件数=125件(80校)
 ・優秀賞=10件(山梨県山梨学院小学校、兵庫県稲美町立母里小学校、大阪府寝屋川市立第三中学校、福島県福島市立吉井田小学校、東京都立府中けやきの森学園、千葉県立東金特別支援学校、広島県府中町立府中中学校、静岡県立東部特別支援学校高等部、兵庫県姫路市立飾磨小学校、北海道白老町立萩野小学校)

 2019年10月28日(月)には、優秀賞及び東京2020アスリート委員会賞を受賞した山梨学院小学校を、同委員かつ射撃のパラリンピアンである田口亜希さんが訪問し、表彰式を実施いたしました。表彰式では、児童による同校における取組内容の発表のほか、田口委員による講演も実施し、オリンピック精神やパラリンピック精神について改めて学んでいただける機会となりました。

秋の運動会等の取組を募集中!
 2019年度秋の運動会等を対象とした「東京2020みんなのスポーツフェスティバル(秋)」は、2019年12月20日(金)まで受付中です。ぜひ、皆様の学校における取組をご応募ください。

「東京2020みんなのスポーツフェスティバル」詳細はこちら↓
https://education.tokyo2020.org/jp/participate/programmes/sportsfestival/


児童による取組内容の発表(山梨学院小)(c)Tokyo 2020


田口委員(右)による表彰状の授与(山梨学院小)(c)Tokyo 2020


全校生徒による表現運動(山梨学院小)


車いすフェンシングの要素を取り入れた取組(千葉県立東金特別支援学校)

 上記のほか、東京2020教育プログラム「ようい、ドン!」の最新情報はウェブサイトからご確認ください。
 東京2020教育プログラム特設サイト「TOKYO 2020 for KIDS」
 https://education.tokyo2020.org/jp/

(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 アクション&レガシー部 アクション&レガシー課 教育チーム)

Topics

連載