日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

70年の伝統と実績で「質の高い教育」を提供

15面記事

企画特集

玉川大学 通信教育課程

 玉川大学通信教育課程は、「小学校教諭免許状」を取得できる日本初の通信教育として1950年にスタートしました。初等教育を中心に幼児教育、中等教育の各教育現場で指導者として活躍できる人材の養成に力を入れるとともに、豊かな家庭、社会生活を支援する社会教育の専門家(司書、学芸員、社会教育主事など)の養成も手掛けており、新しい時代のニーズに応える教育を提供しています。これまでに26万人以上の学生を輩出し、現在も約3000人の学生が学んでいます。卒業生の多くが全国の教育現場で活躍し、そのネットワークは、卒業後も継続され、OB・OGの大きな支えとなっています。
 開設コースは、教員免許状、資格取得を目指した目的達成に直結した全8コース。短期大学や大学卒業者は編入学し、1~2年での取得も可能です。
 また、現職の教員の方が教職経験年数を基に上級や隣接する教員免許状を取得するなど、一定の要件を満たした方が必要な科目のみを履修する科目等履修生コースも開設しています。
 単位修得試験は、土日に実施され、年間最大16日間と多くの受験機会を用意。また、全国43都市174箇所に会場を設けており、最寄りの会場で受験が可能です。
 対面授業である「スクーリング」は、生活スタイルに合わせて選択できるよう12種類(春期土日・春期・土日・土日ブレンディッド※・夏期・秋期・通学・冬期・2月・学芸員・学外・学外ブレンディッド※)を開講。小学校校長経験者など、現場経験豊富な講師陣が教鞭を執り、ハイレベルかつ実践的な指導を展開しています。丁寧なレポート添削や隙のない熱心な講義は玉川大学の最大の魅力です。
 また、年間通して実施する学修ガイダンスや、教員採用試験に向けての対策講座の実施、レポート作成のポイントを解説する学修補助動画の配信、インターネット環境があれば、どこからでもレポートの作成・提出が可能なシステム等、抜群の学修環境を生かした最大限の学修支援を行っています。

 ※ブレンディッド=メディア授業とスクーリングを組みあわせた学修方法です。

企画特集

連載