日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

問題解決に役立てる「実践知」を育む法政大学

13面記事

企画特集

法政大学通信教育部

 法政大学通信教育部は、1947年に日本で最初に開設された大学通信教育課程。学士課程取得を目指す本科生は約5500名だが、その多くは社会人年代の学生であり、4年制大学・短期大学・専門学校卒業者の入学も多い。一方で、近年は18歳~22歳年代の入学も急増している。
 法政大学では「自由を生き抜く実践知」を大学憲章として掲げており、学びを「知識」だけに留めずに、社会の中で個人が直面する問題や課題を解決するための「知恵」を身に着けることを重視しているが、特に社会人年代の学生が大半を占める法政大学通信教育部では、働きながらでも学びやすいことも、カリキュラムに反映されている。
 各科目はテキスト学習による「通信学習」、教室で講義を受ける「スクーリング」、インターネットを利用して自宅で学ぶ「メディアスクーリング」のいずれか、もしくは複数種類を選択できるなど学習形態の選択肢が広く、組み合わせ方によって時間や距離の制約をなるべく少なくして学習を続けることも、教室でのスクーリングを中心に学べるカリキュラムとなっている。
 キャンパスは通学課程と同様市ヶ谷キャンパス(千代田区)を利用でき、図書館をはじめとする施設も利用しやすい。2020年度・21年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響によりスクーリングの構成や開講方法を一時的に変更しているものの、2021年度はキャンパスの改修工事も完了し、より利便性の高くなった市ヶ谷キャンパスで学ぶことができるだろう。

企画特集

連載