日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

ウポポイ(民族共生象徴空間)が北海道白老町にオープン!

9面記事

企画特集

国立アイヌ民族博物館

 ウポポイ(民族共生象徴空間)とは、私たちの国の貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化の復興・発展のための拠点となるナショナルセンターで、国立アイヌ民族博物館と国立民族共生公園などで構成されている。
 豊かな自然に抱かれたポロト湖のほとりで、アイヌ文化の多彩な魅力に触れることができる施設である。
 国立アイヌ民族博物館は、先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館で、アイヌ民族の視点で語る「ことば」「歴史」「世界」「しごと」「くらし」「交流」などをテーマとした多彩な展示でアイヌの歴史や文化を紹介する。
 国立民族共生公園では、古式舞踊の公演や食文化体験、伝統芸能体験、民族衣装の試着などの多様な体験プログラムを通じて、アイヌ文化を体感できる。
 このようなウポポイが、いよいよ4月24日にオープンする。アイヌ文化を体感しに北海道白老町を訪れてはいかがだろうか。

 問い合わせ=(公財)アイヌ民族文化財団 電話011・206・7427

企画特集

連載