日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

オンライン講習を高校生に無料提供、東進ハイスクール

1面記事

企業

 東進ハイスクールや東進衛星予備校を運営するナガセ(東京・武蔵野市)が5月末まで、自宅で受けられるオンライン講習を高校生に無料で提供している。思考力の評価を重視した大学入学共通テストの実施を来年に控えながら、長引く臨時休業の影響で授業が受けられなかったり、塾や予備校に通えなかったりする高校生を支援する。
 オンライン講習では林修さん(現代文)ら東進の人気講師による講座をパソコンやスマートフォンから受講できる。同社では、1万種以上の授業の中から「分かりやすくて面白い講座を厳選した」としている。
 1講座は90分の5回セット。受講者は国語、数学、英語、理科、地歴公民の各教科から二つを選んで受けられる。講習後には毎回、確認テストも実施し、オンライン講習にありがちな「受けっぱなし」にしない仕組みを取っているのが特徴だ。
 この他にもビジネス、国際政治、エンターテインメントなどの分野で活躍する人たちによる特別授業「トップリーダー講座」(90分)も2講座まで受けられるようにした。
 受験生に学力だけでなく、将来の目標や学習意欲を持たせる狙いで開講している特別講座で、トップリーダーによる講演を聞いた後、オンライン上のチームで意見をまとめ、発表するワークショップも行う。
 講演する講師には茂呂和世・大阪大学医学系研究科教授や藤崎一郎・元駐米大使らを予定している。
 申し込みの締め切りは5月21日。受講期間は5月31日まで(変更の可能性あり)。申し込みは東進ドットコム(https://www.toshin.com/athome/)の手続きフォームから。

企業

連載