日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

GIGAスクール構想の目的とは? 予算や環境整備、指導者に求められるポイントを解説

トレンド

特集 教員の知恵袋

 世界各国で教育のICT化が叫ばれるなか、文部科学省が2019年12月に打ち出したGIGAスクール構想が話題になっています。構想の実現にはどのような環境整備が必要で、またどのくらいの予算が割かれるのでしょうか。指導者に求められる姿勢も踏まえて解説します。

GIGAスクール構想の概要とその背景

 GIGAスクール構想とは、2019年12月に文部科学省が発表した教育改革案のことです。GIGAはギガバイトのギガではなく、Global and Innovation Gateway for Allの頭文字を指します。

 この改革案の目的は、子どもたち一人ひとりに対して個別最適化された創造性を育む教育、情報通信や技術面を含めたICT環境の実現です。具体的には、児童生徒1人1台の学習用端末やクラウド活用を踏まえたネットワーク環境の整備などを目指します。

 GIGAスクール構想の背景にあるのは日本のICT教育の遅れです。先進国を中心に世界各国で教育のICT化が進むなか、日本ではICT機器を活用した教育はまだまだ一般的とはいえません。新型コロナウイルス感染症(COVID―19)拡大による臨時休校が続く今、ICTを活用した学習システムの早急な整備が求められています。

スケジュールの前倒しと構想実現のための予算

 2019年12月に閣議決定された補正予算案内で、GIGAスクール構想実現に向けた予算2,318億円が計上されたのは記憶に新しいのではないでしょうか。昨年12月の時点では、児童生徒1人1台端末と高速大容量の通信ネットワークの整備を令和5年度までに目指すとされていました。しかし、4月に開かれた臨時閣議では新型コロナウイルス感染症(COVID―19)拡大の影響を受けた臨時休校が長期化する状況を鑑みて、スケジュールの前倒しが必要と判断され、2,292億円が計上されました。

 構想実現のための予算には学習用端末の整備だけでなく、校内ネットワーク環境の整備に向けた補助金などGIGAスクールにおける各種環境整備支援のために多くの予算が割かれています。

GIGAスクール構想実現に向けた環境整備のポイント

 GIGAスクール構想の実現に向けて必要不可欠となるのが環境整備です。必要な端末の種類や通信環境、指導体制などさまざまな課題があげられます。

・学習者用端末の調達と仕様書の作成

 1つ目は端末の調達です。ICT教育で使用する学習用端末に関して、文部科学省は標準仕様書のモデルを提示しています。
 
 仕様書にはMicrosoft Windowsであれば、OSは10 Pro、CPUはIntel Celeronと同等かそれ以上といったように、学校での活用を想定した場合に必要となるOSのスペックが示されています。

 しかし、端末の調達は各学校の活用方法に合わせて柔軟に行われるべきとあるため、実際に端末の選定・調達を行うのは各自治体となります。仕様書の作成も仕様書モデルを参考にしながら必要に応じて作成することが求められています。

・安定した高速ネットワーク環境の整備

 2つ目は校内ネットワークの整備です。ICTを活用した教育における動画を使った遠隔教育や多数の生徒によるネットへの一斉接続では安定した高速のネットワークが欠かせません。

 また、決まった場所だけでなく、どの教室にいても校内ネットワークにつながる環境を整備することが重要です。ネットワーク環境の整備においては商用基地局のない基地でも超高速のネットワーク環境を自前で利用できるローカル5Gの活用も検討されています。

 十分なスペックの端末を使用しても、ネットワーク環境が整っていなければICT教育で満足のいく授業を行うことが難しくなります。重要なのは端末と通信環境を一体的に整備し、環境の不備によるストレスを生み出さない快適な環境を整えることです。

・学習ツールや校務のクラウド化

 3つ目は学習と校務のクラウド化です。例えば、クラウド型のアプリケーションを利用すれば、ファイルの共有や協働学習支援ツールの活用が可能。授業や家庭学習の効率化につながります。

 また、クラウド化のメリットは児童生徒だけに限ったものではありません。文部科学省が想定している統合型校務支援システムを導入すれば、教務や学校事務を一括して管理できるようになり、教員の業務効率化や負担削減も実現できます。

・ICTの活用と指導体制

 GIGAスクール構想における4つ目のポイントはICTの活用です。2020年度から必修化されたプログラミング教育を含め、デジタル教科書や教材、動画を駆使した授業が想定されます。

 教科書同様に、学習ソフトやツールも複数のメーカーから開発されているため、選定に迷う担当者も少なくありません。GIGAスクール構想ヘの対応をきっかけに、現在使用している学習ツールやソフトの見直しを図り、より効率化や業務負担の軽減につなげます。

 また、ICTを十分に活用するという意味では学習用端末や通信環境といったハード、学習ツールやデジタル教科書などのソフトにあわせて、ICT支援員の設置や外部人材による指導支援など、指導体制を充実させることも欠かせません。ハードとソフト、指導体制の3つを一体して整備することが重要です。

GIGAスクール構想は今後の教育基準となる

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による臨時休校の長期化によって、これまで以上にGIGAスクール構想への関心が高まっています。

 昨今の情勢からもICTを活用した教育が今後の学校教育の基準となっていくことが想定できます。文部科学省がWeb上で提示するGIGAスクール構想の端末に関する仕様書や予算などの資料を踏まえつつ、各自治体と学校とが連携を図り、早急に環境を整備していくことが求められています。

特集 教員の知恵袋

連載