日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

GIGAスクール対応Chromebook 1人1台端末実現を支援

11面記事

ICT教育特集

Acer Chromebook Spin 511「R752T―G2」

日本エイサー

 日本エイサー(東京都新宿区、ボブ・セン代表取締役社長)は、Chrome OS搭載、画面が360度回転しタブレットライクに使えるマルチタッチ対応11・6型コンバーチブルノート Acer Chromebook Spin 511シリーズより「R752T―G2」を文教市場向けに8月に販売している。
 本製品は、高速起動のChrome OSを搭載し、起動の度に最新のOSと安全な環境、すべてのデータが保たれる。OSの購入・アップデートに伴うライセンス費用、セキュリティソフト等の購入が不要で、維持・管理のコスト負担が少なく、運用も容易だ。
 文科省GIGAスクール構想における「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の考え方に基づいた学習者用端末の標準仕様に準拠し、児童生徒1人1台端末の整備を対象とした1台当たりの補助金で導入可能な価格に設定している。
 学校での使用を考慮した堅牢設計で、高視野角カメラや360度回転のマルチタッチ対応ディスプレイなど、学習者に快適な機能が充実。
 児童生徒1人1台環境の実現を強力に後押しする新製品だ。

 商品詳細は公式サイトへ https://acerjapan.com/news/2020/685645

ICT教育特集

連載