日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

硬いうんち、低学年に多く トイレ研究所が小学生を調査

9面記事

特別支援・保健

 特定非営利活動法人の日本トイレ研究所が小学生を対象に排便の状況を調べたところ、便秘傾向の硬い大便が10日間のうち2回以上出た児童の割合が4分の1ほどに上ることが分かった。学年が下になるほど割合は高く...

続きを読みたい方は、日本教育新聞電子版に会員登録する必要がございます。

会員になられていない方はこちら

会員登録

特別支援・保健

連載