日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

GIGAスクール構想で整備 教職員用端末のセキュリティー対策パッケージ

10面記事

ICT教育特集

NTTデータルウィーブ

 小中学校では、GIGAスクール構想により教職員の端末も整備され始め、働き方改革が期待されているが、一方でセキュリティーについて不安視されている。 その対策として、NTTデータルウィーブ(株)では、シスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)のセキュリティー対策パッケージを販売している。
 NTTデータルウィーブは、シスコのゴールドパートナーで、ITシステム分野におけるセキュリティーに知見を持っており、さまざまな業種・業界のセキュリティー強化を支援している。単なる製品の販売だけでなく、学校や、教育委員会、自治体の環境に合わせた設計導入作業から、その後のサポートを含め、幅広い支援が可能だ。
 シスコのセキュリティー対策パッケージを使用すれば、学校で管理しているPCやアプリケーションを安全に利用することができる。パッケージ内の「Cisco Secure Access by Duo」(以下、「Cisco Duo」)では、Duo多要素認証機能でアクセスを許可した教職員本人のみが情報にアクセスでき、さらにDuoデバイス検疫機能で、接続するPC等端末の状態をチェックし、健全な端末のみがアクセスできる。このような多要素の対策で、より安全な情報管理が可能になる。
 「Cisco Duo」に加え、教職員の専門的なIT知識や管理を必要とせずにPC等端末をサイバー攻撃から守る「Cisco Secure Endpoint」および、教職員の居場所を問わず安全なインターネットアクセスとフィルタリングを行う「Cisco Umbrella」を組み合わせることで、安全・安心な教育ICTのゼロトラスト化が実現可能だ。このような、セキュリティー強化をGIGAスクール端末にも適用することで、学内端末全体における情報セキュリティーポリシーの統一・利便性の向上も期待できる。

 問い合わせ=NTTデータルウィーブ(株) Tel044・223・4903

ICT教育特集

連載