日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

阪神・淡路大震災の教訓と経験を伝え防災を学ぶ災害ミュージアム

13面記事

企画特集

自らが高気圧となって台風を誘導する「ウェザーウォーク」など、ジオ&スカイホールでは自然現象のメカニズムを学び、自然災害とどのように結びつくのかを体験できる

人と防災未来センター

 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターは、阪神・淡路大震災の経験と教訓を後世に伝え、これからの備えを学ぶための防災学習施設だ。地震発生の瞬間の再現映像上映や、被災者から提供された震災資料展示等を行っており、阪神・淡路大震災を知らない世代にも、どのような災害だったのかを知ってもらうことができる。
 2021年には東館3階を「BOSAIサイエンスフィールド」としてリニューアルオープン。自らが高気圧となって台風を誘導する「ウェザーウォーク」や、リアルに再現されたコンビニで地震が起きたときにどのような行動を取るのかを実践する「ミッションルーム」等、楽しみながら災害や備えについて学ぶことができる体験型展示が充実している。
 いざというとき、自分で考え、判断し、行動できる力を身に付けるきっかけとして欲しい。

 問い合わせ=阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター Tel078・262・5050
 https://www.dri.ne.jp/

企画特集

連載