日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

「教師力アップ」に必須の最先端情報12カ月【第3回】

6面記事

関連団体・組織

「教職専門雑誌」の定期購読は必須 多分野を多角的に学び続けよう

読者の多角的なニーズに即応する教育雑誌
「紙媒体」の便利さを見直す教育トークラインの挑戦
長谷川 博之 TOSS志士舞

 教師の本業は知的生産である。未来の我が国及び世界を担う児童生徒を相手に、日々価値ある授業を展開する。そのためには常に最新最先端の情報を入手しつつ、教師自身の指導の腕を高め続けていくことが大切である。
 一方、学校現場は皆一様に忙しい。それが紛れもない現実だ。多くの教師が目の前の業務をこなすだけで疲弊し、自ら研修に取り組もうとする文化が廃れつつある。
 そのような多忙な教師にこそ薦めているのが、教育雑誌の定期購読である。たとえ書店に足を運ぶことが難しくとも、自宅に、定期的に雑誌が届き、多分野を多角的に学び続けることができるからだ。
 中でも私がお薦めするのが、『教育トークライン』(教育技術研究所)である。「すべての子供の学力を保障する」をコンセプトに、現場で即役立つ具体的で実践的な情報を提供している。
 今年度4月の特集名は「新年度黄金の3日間最初の授業~学年別一覧~」だった。
 5月は「校内研は対面とオンラインとを使いこなす『ハイブリッド化』で進めよう」、6月は「“見方・考え方”が手にとるように分かる『教科書の構造』を生かした授業展開」である。
 不易のテーマを扱いつつ、その時々の最先端テーマにも鋭く切り込んでいきます。
 加えて、進度に合わせた各教科の授業案集や、特別支援教育に関する専門家の連載等も収められている。
 デジタル書籍の比率が増す現在ではあるが、本誌はあくまで「紙媒体の雑誌」にこだわっている。次のような読者の声をいただいている。
□紙媒体だとコピーしてカテゴリー別にカスタマイズすることが容易です。私は興味のあるテーマをまとめてノートを作成しています。各教科の特集ページを編集すれば国語ノート、算数ノートが完成します。該当ページをその場でコピーし、自分だけのノートを作り出せるのは紙媒体の利点です。
□私はその場ですぐ書き込み、線を引き、折り目をつけます。2度目に手に取る時は、異なるページに折り目をつけています。触れて、めくって、思考の後を残していく作業が好きです。電子書籍では出来ません。その時々で立ち止まる箇所が違ったり、読み方が変わったりするので、自分だけの1冊となっていきます。
 自分流の使い方ができることは、まさに紙媒体の長所だろう。
 更に購読者は、「デジタル・トークライン」で紹介記事のデジタルデータや解説動画等のコンテンツを得ることもできる。紙媒体をベースとしながらも、様々なニーズに答えられるように工夫を重ねているのである。
(連載監修=谷 和樹 TOSS代表)

最先端の話や授業の数々が、Zoomで無料公開
2021年度 エネルギー教育シンポジウム
佐藤 泰弘 TOSS中央事務局

 全国7会場で開催予定。「エネルギー教育模擬授業ブロック予選会」、玉川大学教職大学院教授・谷和樹氏や日本理科教育支援センター代表・小森栄治氏による「エネルギー教育特別授業」がある。オンライン(Zoom)開催で、午前中の120分間で行うコンパクトなセミナー。参加費無料、交通費なしで全国各地のエネルギー授業を学べる。

 7月3日(土)札幌
 8月28日(土)広島
 10月2日(土)福井
 10月30日(土)長野
 11月6日(土)熊本
 12月11日(土)松山
(以上、オンライン)

 2022年1月22日(土)全国大会
(ハイブリット開催を予定)

 5月2日(日)東京会場には350名を超える参加があった。感想を紹介する。
 「エネルギーの授業をどのようにやればいいのか具体的に見ることができて、本当に勉強になりました。」「今の電力の状況や未来に向けてなど、子どもに伝えたい内容でした。」

 申込みは下記URLから。
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfoo8TVEnLlkU0xhfPtE8XafLlMI7xmdSSR495wQgeP95_O-Q/viewform

今月の教材紹介 『教育トークライン』

 「明日の授業ですぐに使える」教育実践から、オンライン授業のコツや一人一台端末の活用法、コロナ禍での子供との向き合い方など、必要な情報が手に入る教育総合誌です。
 読者限定のWEBサービス「デジタル・トークライン」では、本誌に掲載しきれなかった画像を見ることができたり、執筆者が実際に使用しているデータのダウンロードができたりします。さらに、実力派の先生たちが質問に答える動画など、お得な情報が満載です。
 毎月15日発行。

年間購読料
 9000円(税込)

バックナンバー
 1冊800円(税込)

 お申し込みは、教育技術研究所まで。

 問い合わせ 教育技術研究所 0120(00)6564
 https://www.tiotoss.jp/

「教師力アップ」に必須の最先端情報12カ月