日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

「小学校の教育改革に不安」9割

NEWS

企業

 プログラミング教育や英語の教科化などの改革が進む小学校教育について、民間の教育機関の調査で9割の人が不安があると回答した。「教員の質」を理由に不安を感じる人が最も多かった。
 調査は、小・中学生向けの動画教育配信サービスなどを提供している「イー・ラーニング研究所」が実施し、20代から50代の男女236人から回答を得た。
 「2020年の小学校の教育改革に不安がある」という質問に対し、「はい」が88%、「いいえ」は12%。不安を感じている要因を聞いたところ「教員の質」が160人、「教育設備」78人、「教材」77人、「専門教員の数」76人の順で多かった。
 一方、「2020年の教育改革に期待すること」では「子どもの自発的な学習意欲や関心を生かせる」が164人、「プログラミングにより論理的思考力を身につけられる」が146人と新学習指導要領に関連した内容が多かった。

企業

連載

校長塾 経営力を高める最重要ポイント

 本校の学校教育目標は「ともに学び、ともに伸びる~しっかり考える、やりきる、思いやる~」である。具体的には、次の三つを目指している。  一つ目は、児童が学び合い、励まし合って、共に成長すること。二つ目は、児童と教職員が信頼関係の中でそれぞれの力を発揮し、その力を伸ばしていくこと。三つ目は、児童、教職員、保護者・地域が協働し「チーム廿小」として共に学校を創っていくことである。大事にしているキーワードは「つながり」。