日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

ピーター・ドイグ展開催 東京国立近代美術館

9面記事

企画特集

<ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ>2000―02年、油彩・キャンバス、196×296cm、シカゴ美術館蔵
(c)Peter Doig.The Art Institute of Chicago,Gift of Nancy Lauter McDougal and Alfred L.McDougal,2003.433.All rights reserved,DACS & JASPAR 2020 C3120

 東京国立近代美術館は、読売新聞社、ぴあと共催で、現代で最も重要なアーティストのひとりと言われるピーター・ドイグ(1959―)日本初の展覧会を開催する。
 ロマンティックかつミステリアスな風景を描くスコットランド生まれの画家、ピーター・ドイグは、これまで名だたる美術館で作品が収蔵、個展も行われ、オークションでも作品が高値で取引されるなど、デビュー以降現在まで世界的に高い評価を得ている。
 本展では、ドイグの初期作から最新作まで、選りすぐりの約70点を紹介し、ゴッホやゴーギャンなどの近代絵画、『東京物語』や『13日の金曜日』などの映画のワンシーン、自身の記憶といったさまざまな要素からつくりあげられた、作品の魅力に迫る。
 また、幅3メートル超の大型作品など貴重な作品が一堂に会する。スマートフォンや印刷物では伝わらないスケール感を体感したい。

【展覧会概要】
 ・名称=ピーター・ドイグ展
 ・会期=2月26日(水)~6月14日(日)まで
 ※休館日は月曜日(ただし、3月30日、5月4日は開館)、5月7日(木)
 ・会場=東京国立近代美術館1階 企画展ギャラリー(東京都千代田区北の丸公園3―1)
 ・開館時間=10時~17時(入館は閉館の30分前まで。金・土曜は20時まで開館)

問い合わせ=03・5777・8600(ハローダイヤル)
 公式ホームページ=https://peterdoig-2020.jp


<ポート・オブ・スペインの雨(ホワイトオーク)> 2015年、水性塗料・麻、301×352cm、作家蔵
(c)Peter Doig.All rights reserved,DACS & JASPAR 2020 C3120

企画特集

連載