日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

冷凍食品100周年記念レシピコンテスト作品募集中

6面記事

企画特集

日本冷凍食品協会

 一般社団法人日本冷凍食品協会(東京都中央区、大櫛顕也会長)は、冷凍食品100周年を記念し、「冷凍食品100周年10月18日は冷凍食品の日~冷凍食品レシピコンテスト」を開催する。
 同協会が2月に行った「“冷凍食品の利用状況”実態調査」によると、冷凍食品は、月1回以上利用する人が8割を超えており、利用頻度は年々増加傾向にある。(※詳細は同協会ホームページを参照)
 本レシピコンテストは、冷凍食品を使ったオリジナルレシピを考案することで、身近にある冷凍食品の魅力を知ってもらうという目的で今年度初開催される。普段使っている冷凍食品を活用して、おいしく手早くでき、オリジナリティのあるアイデアレシピを一般部門、ジュニア部門(中学生以下対象)の2部門で、9月13日(日)まで本コンテスト特設サイトにて募集している。サイト内応募フォームより、考案した料理のレシピと実際に作った料理写真やこだわりのポイントなど必要事項を記載し、応募する。
 結果は「冷凍食品レシピコンテスト事務局」にて厳正に審査の後(一次書類審査、二次試食審査)、10月18日の「冷凍食品の日」に同サイトで発表する。審査委員長は、洋食料理家で冷凍食品アンバサダーの三國清三氏が務める。
 グランプリ受賞者(各部門1名)には商品券10万円分、準グランプリ受賞者(各部門4名)には商品券1万円分を贈呈。
 詳細、応募は右記特設サイトで。https://reishoku-100th.com/

企画特集

連載