日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

特別支援学校の教員 免許保有率が上昇

3面記事

文部科学省

 昨年度、特別支援学校に勤務していた教員のうち、自分が担当する障害種の教員免許状を持っている教員の割合は83・0%で前年度より3・2ポイント上昇したことが文科省の集計で分かった。保有率は上昇傾向にあるが、文科省は都道府県教委などに対し、免許状保有率を高めるよう求める通知を出した。
 調査対象の教員は6万9508人。このうち、自分が担当する障害種の免許状を保有している教員は5万7719人だった。前年度の保有率は、6万8667人中5万4810人の79・8%だった。
 特別支援学校の新規採用教員のうち、当該障害種の免許状を保有している割合は、3251人中2616人で80・5%だった。前年度より4・4ポイント増えた。こちらもおおむね増加傾向にある。
 各障害種のうち、最も所持率が高かったのは、知的障害教育で86・0%。次いで、肢体不自由教育(83・9%)、病弱教育(79・8%)、視覚障害教育(65・3%)、聴覚障害教育(57・8%)となった。
 設置者別の保有率も調査した。公立校は83・0%、国立校は86・3%、私立校は75・7%だった。

文部科学省

連載

校長塾 経営力を高める最重要ポイント

 本校の学校教育目標は「ともに学び、ともに伸びる~しっかり考える、やりきる、思いやる~」である。具体的には、次の三つを目指している。  一つ目は、児童が学び合い、励まし合って、共に成長すること。二つ目は、児童と教職員が信頼関係の中でそれぞれの力を発揮し、その力を伸ばしていくこと。三つ目は、児童、教職員、保護者・地域が協働し「チーム廿小」として共に学校を創っていくことである。大事にしているキーワードは「つながり」。