日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

「家庭料理検定」CBT導入!オンライン説明会開催決定!

6面記事

企画特集

料検CBTのサンプル画像

香川栄養学園

 家庭料理検定では、令和3年度より団体受験の4・5級にてパソコンやタブレットで学校内での受験が可能な試験方式(CBT方式)を採用した。全国の小・中学校で生徒へのタブレット配布が進む中、この取り組みへの注目度は高く、小・中学校での導入も増えている。
 4・5級では、食事の基本である栄養や食材、調理方法、衛生、日本の食文化などが学べる。
 また、毎回好評の教員向け料検説明会もオンラインにて開催中で、試験の概要や導入事例について詳しい説明を聞くことができる。参加方法の詳細は「料検」公式サイトから確認ができる。
 家庭料理検定を食育の教材として活用できる機会となっている。

 主催 家庭料理技能検定事務局 問い合わせ=03・3917・8230

企画特集

連載