日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

「先生のための金融教育セミナー」オンライン開催中 10月より新規実践事例を公開

17面記事

企画特集

金融広報中央委員会

 金融広報中央委員会では、「先生のための金融教育セミナー」をオンラインで現在開催中だ。なお、10月1日より、現役教師による金融教育の実践事例9作品を新たに公開している。

 10月配信開始の新規公開プログラムとしては、生活設計・家計管理に関する分野で「金融商品のリスクとベネフィットを考えよう」(中学校社会科/広島城北中・高等学校 水野聖教諭)、金融や経済の仕組みに関する分野で「私たちの消費生活」(中学校社会科/長崎市立香焼中学校 浦川寿生講師)、キャリア教育に関する分野で「地域や企業と連携して行う会社体験活動」(小学校総合的な学習の時間/杉並区立天沼小学校 新宅直人指導教諭)など。

 資産形成・SDGs・地域貢献など今の時代をとらえた金融教育の実践事例動画全22作品がオンデマンドで配信され、授業の参考になる全国各地の優れた取り組みが時間を問わず視聴できる。
 12月11日にはオンライン意見交換会のライブ配信を予定している。(詳細は後日発表)
 参加費は無料。セミナーサイトより申し込み後、参加証がメールで送付され、セミナーの視聴が可能となる。

【開催概要】
「先生のための金融教育セミナー」

日時
 7月30日~2022年1月31日

募集対象
 全国の小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・高等専修学校・特別支援学校(学級)・大学の教員、教育委員会指導主事、および教職を目指す大学生・大学院生

定員
 1000名程度(先着順)

 問い合わせ先=「先生のための金融教育セミナー」事務局 電話03・3554・4453

 セミナーサイト=https://www.sensei2021.jp/

企画特集

連載