日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

備蓄可能な避難所用の段ボール製乳児用コット

13面記事

企画特集

Combiひなん所用コットHB11ベビーにこっと

コンビウィズ

 災害大国といわれる日本では、毎年のように大きな自然災害が発生し、住民が避難を余儀なくされている。しかし、乳児連れでの避難は想像以上に厳しく「避難指示発令後、すぐに避難所に行かない親子は52%」「避難所で赤ちゃんと過ごすことに対して不安のある方は80%」(※コンビ調べ)と避難所に行くことをためらってしまう現実がある。
 避難所の整備などさまざまな対応が進んでいるが、大人用の段ボールベッドはあるのに赤ちゃん用はないという点に着目。実際の現場では赤ちゃんが踏まれないように抱き続け、大人が疲れ果てている様子も見られることから、少しでも赤ちゃん、両親はもちろん、周囲の人が穏やかに過ごせるようにコンビウィズ(株)初の試みとして避難所用の防災備蓄品「Combi ひなん所用コットHB11ベビーにこっと(3個入り)」を発売した。
 工具なしで組み立てられる段ボール製乳児用コットで、避難所での赤ちゃんの安眠を確保する。ほこりなどをよける幌や赤ちゃんをムレから守る速乾性のコンビオリジナルパッドを付属。ベビーピクトを本体にプリントし、蓄光テープを付けることで周囲の人に赤ちゃんの存在をアピールする。さらに、本体は一箱3個入りで宅配便対応サイズなのでコンパクトに備蓄が可能。
 避難所運営ガイドラインの「備蓄にあたっては妊産婦・乳幼児・子育て家庭向けの品目を選ぶ」という新たな指針に対応すべく、紙おむつ・ミルク備蓄に次ぐステップとして導入の検討が進み始めている。

 問い合わせ=コンビウィズ(株) Tel03・5828・7631
 https://www.combiwith.co.jp

企画特集

連載