日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

職員室や教室など広い空間を清潔加湿 湿度センサー搭載スチームファン式加湿器

9面記事

企画特集

「KSF-M1001」(左)「KSF-N1501」(右)

山善

 新型コロナウイルス感染症の感染者数の減少により、緊急事態宣言が9月末をもって解除された。しかし、第8波の恐れもあり、すぐに安心できる状態ではないのが現実だ。児童生徒への感染拡大を防ぐため、今後も継続した対策が求められる。特にこれからの冬場は乾燥へのしっかりした対策が必要だ。
 (株)山善の湿度センサー搭載スチームファン式加湿器は、教室や職員室など広い空間の清潔加湿が可能な製品として、学校現場で大いに注目を集めている製品だ。
 「KSF―N1501」は最大加湿量毎時1500mLで、15Lのタンク容量を誇り、最大加湿時において連続10時間の使用が可能だ。
 「KSF―M1001」は最大加湿量毎時1200mLで、10Lのタンク容量と、最大加湿時において8時間の連続使用が可能となっている。
 いずれの製品も給水時には、ふたを開け、上部から簡単に給水することができる。また、設定した湿度を自動的に保つ自動運転機能を搭載。50・60・70%の3段階設定ができるのも大きな魅力だ。
 加えて、コードに足をひっかけてもすぐに電源コードが外れるマグネットプラグを採用。児童生徒の安全にも配慮した仕様となっている。
 学校現場の乾燥対策をいま一度見直し、これからの季節に最適な解決策を考えたい。

 問い合わせ=(株)山善 電話03・5579・6678 FAX03・5579・6796

企画特集

連載