日本最大の教育専門全国紙・日本教育新聞がお届けする教育ニュースサイトです。

Made in JAPANの再生木材「ハンディウッド」軒天壁面材「エンヴィウッド」

16面記事

施設特集

ハンディテクノ

 100%リサイクル再生木材の専業メーカーとして、あらゆるニーズに対応できるラインナップをそろえ、物件ごとの要件に対応するハンディテクノ(株)。同社は16年間にわたり教育施設をはじめ商業施設や公共施設等において数多くの実績を重ね、その累計は160万平方mを超えており、非住宅分野における再生木材シェア№1となっている。そんな同社が「燃やさない・捨てない」をコンセプトに開発したのが100%リサイクル再生木材「ハンディウッド」だ。
 経年変化の色あせが少なく高耐久、かつ割れやささくれがなく安全であることなど、多くの優れた特徴を持ち、従来の再生木材や天然木材では難しいR形状なども特注対応可能。教育施設の空間づくりにも多数採用実績がある。表面デザインには天然木のようなバラつきを生む特許取得のランダム溝デザインのほか、フラットデザインも選べる。
 また、原材料の調達から製造まで、すべて日本国内で行っており、エコマーク認定のほか、CO2排出削減効果について第三者認証も取得している。ウッドデッキ材や目隠しルーバー材、壁面材、ベンチやテーブルなど、さまざまなニーズに対応できるラインナップを展開しているためそれぞれの事情に合わせて導入でき、社内設計チームによる物件ごとの意匠・詳細設計、納まり検討から構造計算など、個別のオートクチュールな対応を可能としている。
 加えて、従来アルミ等の金属製品のみだったスパンドレル型のラインナップに、新素材の再生木材製軒天・壁面材「エンヴィウッド」を追加。高い耐久性とナチュラルな意匠性を実現し、軒天井や庇下、壁面部の化粧材など幅広い活用を可能にした。

 問い合わせ=ハンディテクノ(株) Tel03・5784・3913
 https://www.handy-wood.com

施設特集

連載